2012年10月11日

青島広志のこれだけ!西洋音楽史!!

私は昔は結構、クラッシックを聴いていました。はじめは古典派の曲から入ったのですが、ロマン派やバロック音楽、さらに古い時代などと色々と聴くと結構面白いんですよね。

大雑把に、西洋の音楽史は、グレゴリオ聖歌に始まって、中世音楽、ルネッサンス音楽、バロック音楽、古典派・ロマン派、現代音楽という風な感じに発達しています。

まあ、大体の人が聴いているのは、古典派・ロマン派の時代の音楽で、クラッシックというのは、この古典派の時代の音楽というのが、本来の意味でしょうか?そして、バロックを好む方もある程度はおられると思います。

しかし、現代音楽や中世・ルネッサンス音楽を聴く人はかなり少ないのでは無いかとおもいます。これらは、いわゆるクラッシックらしくない音楽になります。

個人的には、少し古目の中世・ルネッサンス音楽もなかなか面白いと思っていますが、それについてはまた今度記事にしてみましょう。


今回は、タイトルに書いた「青島広志のこれだけ!西洋音楽史!!」というCDの紹介です。

実は、まだこのCDは買っていなくて、これから買うつもりです。CDの解説を見る限り、「グレゴリオ聖歌から現代音楽まで」なんて、書いてあるのですが、実際は、グレゴリオ聖歌を(とひょっとしたら中世・ルネッサンス音楽も)少し紹介した後、バロック、古典派、ロマン派、イタリア・オペラ、ドイツ・フランス・オペラ、後期ロマン派、国民楽派、フランス近代音楽、ワルツ、ジャズ、現代音楽と駆け足で紹介している様です。

クラッシックの本とか、読んでみても、マーラーやリヒャルト・シュトラウスまでは普通にクラッシック音楽という範疇に入りそうですが、ストラヴィンスキーとか、ドビュッシー、シェーンベルクとかショスタコーヴィチとかアイブスとか、ヒンデミット、スクリャービンなどと、みんな好き勝手な方向へ、発展しており収拾がつかなくなってます。

このCDで久しぶりにゆっくりと、音楽を聴いて色々と考えてみようかなと思っています。

ついでながら、現代音楽では、私はハリー・パーチが好きだったりします。
posted by yamajunn21 at 00:43| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月10日

iPad mini噂まとめ

iPad miniの噂もいろいろと出ているようですね。

今月出るんですかね? iPad miniに関する記事のまとめ(10月10日18:35更新)、こちらに色々な記事がまとめられています。

待ち遠しい方は、記事を見ながら期待しましょう。
posted by yamajunn21 at 23:55| Comment(0) | パソコン関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

kindleの日本発売も?

そうそう、Kindle(というか、Kindle Fire HD?)が日本でも近日発売と発表されてから、はや数ヶ月経ちますが、こちらも近いうちに発売じゃないかという噂が有るようですね。

Amazon.com が日本向け Android アプリ ストアを年内にオープン、いよいよ「Kindle Fire HD」発売か?、などの記事が有りますが、これを見る限り着々と準備中なんでしょうね。

楽天のkoboの方もなかなか微妙な状態の様ですし、kindleが国内で発売されると、どうなるものか興味深いものが有ります。
posted by yamajunn21 at 23:44| Comment(0) | パソコン関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。